1才未満の赤ちゃんに特に多い!異物を詰まらせる事故131210

1才未満の赤ちゃんに特に多い!異物を詰まらせる事故

赤ちゃんはとっても好奇心旺盛です。

何でも口に入れて、どんな物なのか毎日お勉強しています(笑)

しかし、赤ちゃんが口に入れたら危険な物は沢山ありますよね。

赤ちゃんが触ったら危ないものはできるだけ高い所や、手の届かない所へ置きましょう。

しかし、兄弟がいたり、片づけ忘れてしまったり…そんなこともあるかもしれません。

特に兄弟のいるご家庭では、小さなおもちゃや部品、ビーズ等が落ちていることもあると思います。

異物が詰まっている症状

もしも下記のような症状があったら、赤ちゃんの喉や鼻に異物が詰まっているかもしれません。

ゼーゼー、ヒューヒュー音がする

・突然咳き込む

顔が赤い

一見すると風邪のような症状なので、間違いやすい症状に注意が必要です!

呼吸できない時の処置

20131120165031

のどに異物がつまって呼吸できない時は、窒息状態なのですぐに処置しなければ大変危険です。

1才くらいまでの赤ちゃんは…

うつ伏せになるように腕で抱きかかえて、

頭を胸より下にし、

掌で背中を強くたたきます

5回くらいやっても異物が出てこなかったら、迷わずすぐに救急車を呼びましょう。

異物を詰まらせる事故は1才未満が特に多い

異物を詰まらせる事故は、3歳未満が圧倒的に多いそうです。

その中でも1才未満が特に多く男の子は女の子の2倍事故が多いと言われています。

男の子って生まれながらにして、いたずらっ子ということなのでしょうか?(笑)

BB弾、ナッツ、飴、ビーズ、ボタン電池を詰まらせることが多く、自分で口や鼻に入れてしまう事がほとんどのようですが、まれに兄弟に入れられてしまうこともあるようです。

お兄ちゃん、お姉ちゃんのイタズラにも気をつけましょうね。

ナッツ類を喉に詰まらせる事故が多い

9fda20066b2e9286bd3d49ac7eea7331_s

異物を詰まらせる事故としては、喉に詰まらせる事が8割くらいだそうです。

その中でもナッツ類の事故が7割を占めるようです。

他にも、マチ針、ビニール、ペンのふた等の誤飲もあるそうなので、気をつけたいですね。

物を口に入れている時に走ったり驚いたりした拍子に詰まらせてしまうことが多いので、赤ちゃんが口をモゴモゴさせている時は、お口の中の様子を見てあげましょう。

また、鼻から変ニオイがしたりするような時は、もしかしたら鼻の中に異物が入っているかもしれませんので、すぐに耳鼻科を受診しましょう。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ