育児体験記 突然のけいれんに慌ててしまって・・・初めての救急車体験286692

育児体験記 突然のけいれんに慌ててしまって・・・初めての救急車体験

長男 1才6ヶ月。

それは突然の出来事でした!

当時第二子を妊娠していた私は、この日いつものように実家へ遊びに行き、夕方車で帰宅しました。

パパは出張中だったので、のんびりお風呂にでも入って長男と早く寝ようかなぁ~と思っていました。

帰宅後、なんだか長男が熱い!?

嫌な予感がして体温計を準備しようと思っていたら、突然けいれんを起こし始めました

けいれんの様子が違う・・・?!

068540

前回先生に教えられた通り、

・衣服をゆるめる

横向きにさせて、嘔吐しても気道につまらないようにする

・けいれんの様子をみる(左右対称かどうか)

・けいれんの時間を測る

以上のことをやってみました。

しかし、前回とはけいれんの様子が違うのです。

目線は斜め上でほぼ白目、手足に力が入ってビクビク…

なんか前回と違う!!

慌てて救急車を呼び、出張中のパパにも連絡しました。

この時の熱は38.8度。

救急車で小児救急へ

364857

すぐに救急車が到着し、前回の小児救急へ。

救急車の中では、先程測った体温と過去のけいれんの有無を聞かれました。

小児救急へ到着すると、すぐに長男の診察が始まりました。

この時、熱は39度。

前回同様、けいれんの時間等を聞かれました。

けいれんしていた時間は1~2分でしたが、左右対称ではなかったような…!?

不安なことを先生に伝えました。

診察の結果、今回も熱性けいれんのようだとのことでした。

・熱が高いので脱水に気をつけて過ごすこと。

・前回同様、ダイアップを使用すること。

喉が赤いので風邪かもしれないそうで、翌朝かかりつけの受診を勧められました。

前回以上に慌ててしまい反省

270863

とりあえず大きな病気ではなさそうで、ほっとしたのも束の間!

荷物とぐったりした長男を抱えた私は、今更ながら自分が妊婦だったことに気付きました(苦笑)

今回は救急車で来たので、帰りはタクシーに乗って帰らなければならず…

慌てて家を出てきたのでベビーカーや抱っこ紐も無く、ひたすらタクシーを20分待ち続けました。

前回の発熱で慌てないことが大切だと学んだのに、今回は前回以上に慌ててしまい反省

お腹に赤ちゃんを抱えての育児はなかなか大変なものだなぁ、とつくづく思ったのでした(笑)

結局、翌朝かかりつけを受診したところ長男は風邪とのことでした。

子供の発熱は本当にいつ起こるかわかりませんね。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ