感染力の強い 『はしか(麻疹)』 1才を過ぎたら予防接種を!!086183

感染力の強い 『はしか(麻疹)』 1才を過ぎたら予防接種を!!

子供の病気として名高い(?)「はしか」。

麻疹」とも言われています。

感染力がとても強く、命にかかわる合併症を引き起こすこともある怖い病気です。

欧米や韓国では既に撲滅されましたが、日本ではまだ疾患が見られます。

コプリック斑ははしかの診断の手がかり

047163

はしかの原因は麻疹ウィルスです。

ウィルスに感染してから10日くらいの潜伏期間を経て発症します。

風邪の症状によく似ており、発熱、咳、くしゃみ、鼻水などが3~4日続きます。

その後、口内のほっぺの内側に小さなブツブツの発疹が出てきます。

この発疹を「コプリック斑」といいます。

その後すぐに体や顔へ発疹が広がるので、コプリック斑ははしかの診断の手がかりとなります。

高熱が1週間~10日くらい続きます。(一度熱が下がって、またすぐに上がることもあるようです。)

発疹は一週間くらいで赤から赤褐色になっていきます。

この頃には熱も下がり、回復傾向へ。

発疹が色素沈着になることもありますが、一か月程度で消えるので心配ありません。

はしかに伴う肺炎は重症化しやすい

今のところ、はしかへの特効薬はありません。

解熱剤などの対処療法を行います。

また、はしかに伴う肺炎は重症化しやすいので注意が必要です!

約30%の人に気管支炎や肺炎、脳炎などが起こっているのも現実です。

発疹が出て一週間経っても熱が下がらない、咳が酷い、ぐったりしていて元気がないなどの症状が見られる場合は、早めにかかりつけを受診しましょう。

感染力が強いので、診察前に受付で「はしかに感染している」ことを申告し、別室で待たせてもらいましょう。

1才を過ぎたらMR(麻疹・風疹混合ワクチン)を受ける

109894

ごくまれに難病(亜急性硬化性全脳炎)になることもあります。

この難病は、はしかにかかってから数年後に症状が出るそうです。

知能の障害や痙攣が起こり発病に気がつくというもので、残念ながら現在は根本的な治療方法がありません

はしかには予防接種があります。

1才を過ぎたらできるだけ早くMR(麻疹・風疹混合ワクチン)を受けて予防しましょう!

小学校入学前に2回目の追加接種があるので、そちらもお忘れなく。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ