【ママ体験談】叱るよりほめてほめて伸ばす育児をkosodate_nadenade_boy

育てにくい子

私には二人の子供がいますが、特に長男の育児は大変で育児ノイローゼになりかけました。

長男は、俗に言う正真正銘の「育てにくい子」でした。

赤ちゃんの時からおっぱいを充分にあげても、清潔にしてあげても、訳もなく泣き続ける子でした。

散歩をしても、気分転換にお風呂に入れても、お出かけしてもいつも不機嫌な子でした。

そんな長男は、幼児に成長しても本当に育てにくい子で、躾が悪いのかとますます厳しく叱ったり、 時には感情に任せて怒鳴りつけたりしていました。

産まれ持っての性格に気づく

しかし、子供には産まれ持っての性格の特徴がある事に気がつきました。

躾が悪いのではなく、叱られすぎて彼の怒りを余計に大きくしてしまい、怒られた内容も彼の心には響かず悪循環だと気がつきました。

長男が3歳の頃でした。

それからの私は、人に迷惑をかける事危険な事のみ叱るという自分の中の軸を決め、それ以外はほめてほめてほめまくりました

どんな小さな事にでもほめて、いい子だね!すごいね!できるね!と前向きな言葉をかけ続けました。

すると、カンシャク持ちだったはずの長男が驚く程のびのびし、落ち着いていきました

育児は叱るよりほめる事が良いとその時に実感しました。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ