育児体験談 夏の悩み子どもの『あせも』は昔ながらの方法で解決akachan_asemo

夏の悩み子どもの『あせも』は昔ながらの方法で解決

子供はとにかく汗っかきです!その上、よく動きます(笑)

ですから、夏は「あせも」で悩まされるママも多いのではないでしょうか?

「あせも」が激減のアドバイス!!

長女はとても汗っかきで、頭にまであせもができます。

夏の髪の毛のニオイときたら…!!(笑)

あせも対策として、着替えを頻繁にさせたり、湯上りにベビーパウダーを使ってみたり、桃の葉ローションを使ってみたり…とあれこれ試してみましたが、あせもは消えず。

腕の裏側やひざの裏側のあせもがとても痒いようでした。

204343

そんな中ちょうど予防接種があり、ついでにかかりつけの先生に相談してみました。

この日先生から受けたアドバイスは目からうろこで、是非あせもに悩んでいるママに試して欲しいです!

・(夜のお風呂以外に)朝起きたら、お昼寝から起きたらシャワーを浴びさせる

・汗をかいたらこまめに着替えさせる。

・できれば綿素材のTシャツよりも、麻が入ったような昔ながらの甚平(じんべえさん)を着させる。

・フローリングの家は、お昼寝の時にイ草マットを敷き、その上に寝かせる。

これを実践するだけで、あせもが驚くほど減りました!

お薬は使っていません。

風通しの良い「じんべえ」

h0262-a

http://item.rakuten.co.jp/pianissimo/9580-1700-0/

最近の洋服は汗を吸収しても通気性が悪く、すぐにあせもになってしまうそうです。

そこで活躍するのが夏祭りに欠かせない「じんべえ」です!

適度に風を通すようで、長女にはじんべえばかり着せていた夏もありました(笑)

また、各社が夏になると一斉に売り出す「サラっとした着心地」のようなシャツや肌着は化学繊維が入っているので、肌が敏感な子供には湿疹やあせもの原因となってしまうそうです。

じんべえ、イ草マット…先人の知恵なのでしょうか

dx-m1-1

http://item.rakuten.co.jp/il-shop/dx-m2/

昔ながらの生活様式は、暑い夏を快適に過ごせるよう意味があるものだったんですね。

そう言えば実家の和室って、夏もひんやり涼しかったり、風通しが良かったような…。

イ草マットに使われているイ草には空気をキレイにする機能もあるそうです。

ですから、ぜんそくやハウスダストのアレルギー疾患があるお子さんにも良いそうです。

是非夏には一日3回のシャワー、じんべえ、イ草マット、試してみて下さい!


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ