乳幼児の感染性胃腸炎で最も重症化しやすい「ロタウィルス」202016

乳幼児の感染性胃腸炎で最も重症化しやすい「ロタウィルス」

冬の初めになると、幼稚園や保育園などで流行が見られる感染性胃腸炎

感染性胃腸炎には、ウィルスが原因の場合と細菌が原因の場合があります。

ウィルス性の胃腸炎は冬場に多く見られ、細菌性の胃腸炎は夏に多く見られます。

また、冬の前半に流行が見られるのが「ノロウィルス」。

後半~春先に流行が見られるのが「ロタウィルス」です。

今回は、乳幼児の胃腸炎で最も重症化しやすい「ロタウィルス」についてお話したいと思います。

ロタウィルスは脱水症状を起こしやすい

161974

ロタウィルスは激しい下痢や嘔吐による脱水症状が起こりやすく、まれに脳や腎臓にも影響が出ることがあります。

こまめに水分を与えていても、嘔吐や下痢が激しく続くと水分補給が間に合わず、あっと言う間に脱水症状が進行していきます。

脱水症状は命に関わることもあるので、口から何も受けつけなくなった時にはすぐに小児科を受診しましょう。

ロタウィルスは感染すると免疫がつく

ロタウィルスは5歳までに大体の子供が一度は感染すると言われています。

しかし小さな赤ちゃんが感染すると重症化しやすく、入院が必要になることも!

ちなみにロタウィルスで入院する子供の30%が0歳児、40%が1歳児だそうです。

恐ろしいロタウィルスですが、数回感染すると免疫がつきます。

ですから、その後また感染しても軽く済むようになります

ロタウィルスの代表的な症状

055341

・突然の激しい嘔吐

・1日に何度も米のとぎ汁のような白っぽい下痢(すっぱいニオイがすることもある)

発熱することもある

・腹痛

・食欲不振 など

残念ながら現在、特効薬はありません

下痢や嘔吐を薬で止めることはせず、体内のウィルスを出し切ることが大切なのです。

症状が治まるまで1週間程度かかるのでゲッソリしてしまいますが、この期間は無理に食事を取ろうとせず、水分補給に徹して下さいね。

ロタウィルスの感染予防法は?

感染ルートは、保菌者の便や吐しゃ物です。(ちなみに、便1グラムにウィルスが数億~数兆個いるそうです!)

ウィルスは最大で10日間くらい生きていることがあります。

ですから、おもちゃなども消毒して家族内での感染を予防しましょう。

石鹸やアルコール消毒は効果がないので、次亜塩素酸ナトリウムを希釈したものを使用するようにして下さい。

ハイターやミルトンなどが利用できますよ!

4987060007506

http://item.rakuten.co.jp/ehac/4987060007506/

尚、ロタウィルスは予防接種で重症化を防ぐことができます。

対象は生後6週~24週までの小さな赤ちゃんです。

産まれたら是非ワクチン接種のスケジュールを考えてあげて下さいね。


スポンサードリンク





現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ