私の出産体験談 ― episode 3 そして誕生9ba56d728e83e4e5948d835a0f39570d_s

私の出産体験談 ― episode 3 そして誕生

子宮口6センチで調子付いたのもつかの間。

10分間隔を切ったはずの陣痛が遠のいてしまった。

助産師さんが「病院に着くと安心して陣痛が落ち着いちゃうんですよ~」と言ってくれたが、入院した時より痛くなくなってきてるし、「あれ?」と思った。

入院してから1時間置きに内診するも、子宮口は6センチで変わらず

この頃になると眠気と体力の限界(食事があまり取れていなかった)で、余裕がなくなる。

しかも陣痛が来る感覚が分かるようになり、「来る!」と思ったら次第に痛くなり始めて、深呼吸で逃す余裕もなく、「もう陣痛いらないです」と言って周囲を困らせた。

結局入院してから6時間後、午後3時に子宮口がようやく8センチになった。

それから1時間後の内診で破水させてもらう

入院した時の余裕から一転、息も絶え絶えになったところに、破水したせいで更に激しい陣痛が襲ってくる

母もなんとかマッサージをしようと手を伸ばしてくれるが、よりにもよって痛いところばかり触ってくる。

母には悪いが、余計痛くなるから手を出さないでくれと言った。

深呼吸する余裕はないし、「痛い」と叫んだら余計痛い

助産師さんがお尻のあたりを撫でてくれる時だけが、痛みが和らぐ瞬間だった。

助産師さんは、神様。

子宮口10センチ達成は午後6時半すぎ。

いよいよ出産もラストスパート!

前述したようにLDRなので、ベッドに寝そべっているだけで勝手に周囲が準備を進めてくれる。

medical_syussan_bunbenday

ベッドの高さが変わったり、足にブーツにようなものを履かされたりやたら足下が騒がしくなった。

助産師さんに「好きな体勢でいきんでいいよ」と言われたが、横向けになればお腹が痛いし、仰向けになれば腰が痛いし、好きな体勢が何かなんて正直分からなかった

でも普通は仰向けで出産するのが多いと思ったので、半ばヤケクソで仰向けにしますと言った。

いきみ開始午後7時15分。

いきむ前に「後、どれくらいで生まれますか?」と聞いてみた。

赤ちゃんに会える期待からではなく、この痛さはいつまで続くんだという意味で。

なので、「頑張って8時かな?」の答えに正直凹む。

頑張って8時ってことは、頑張らなかったら8時よりもっとかかるってことか?

仰向けの姿勢になった時から、腰が痛くて限界に近い

こんなに痛くても人間って死なないんだな~と妙に冷静になりながら、頑張っていきむことにした

medical_syussan

お腹が痛いタイミングでいきむよう指示されたが、体中痛くてタイミングが分からなくなっていたので、自分のタイミングで「今からいきみます!」と勝手にいきんでいた。

しかもいきむ時は目を開けてと指示されていたのに、目を閉じていた方が楽な気がして無視した。

何度もいきんでいる中、医師が「もう少しですよ~」「赤ちゃんの髪の毛見えてきましたよ~」と声をかけてくれた。

「もう少しとかじゃなくて、もっと具体的に残り何回いきめば良いのか言ってくれ」と思ったけど、声にする元気もなかった。

ただひたすら、必死にお腹に力を入れた。

そして、午後8時2分。

855ca5177c14511507e84750cdf9da51_s

長女が誕生した。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ