肩甲骨ダイエットで肩こりを改善しながら産後ダイエット6bd4e735ed812dd7e622f394b2bb2356_s

肩甲骨ダイエットで肩こりを改善しながら産後ダイエット

産後の悩みの一つ肩こり

07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s

妊娠前や産前は肩こりを全く経験したことがなかった方でも産後は、抱っこひもを長時間つけていることや赤ちゃんを抱っこする時間が長いことから酷い肩こりに悩んでしまったという方も多いでしょう。

この肩こりは、妊娠中の運動不足などが原因となり肩の関節がゆるんでしまうことが大きく関係しています。

運動不足でゆるんでしまっている肩の関節は、産後の母乳による血液不足や悪い姿勢での授乳、抱っこなどの影響によりさらに肩周辺の血流を悪化させ、酷い肩こりを生み出してしまいます

また、最悪の場合は母乳の出が悪くなってしまうこともあるのです。

肩こりは、産後ダイエットにも非常に悪いものとなってしまいます。

本来、代謝を上げるために行う産後ダイエットも肩周辺の血液が上手く循環されず代謝を下げる原因となってしまっている場合、上手く産後ダイエットを成功させることができないのです。

肩こりは産後の最大の悩みでもあり、産後ダイエットの足を引っ張ってしまう悩みでもあります。

肩こりを改善しながら産後ダイエット

a440cec54e171b75c1a36de8438a95a2_s

しかし、この肩こりを上手く改善しながら同時に産後ダイエットを行う方法もあります。

それは肩甲骨を使う産後ダイエットです。

肩甲骨は、動かすことにより筋肉をほすぐことができるため、上手く血流を促すことができます。

そのため肩甲骨を使ったエクササイズを行うことで肩こりを解消することができます。

他に、産後ダイエットとしてバスト周辺の引き締めを期待する効果や二の腕を引き締める効果が期待できます。

そのため産後ダイエットのメニューの一環として肩こりが酷い場合は、肩甲骨を使ったエクササイズを取り入れる必要があるのです。

肩甲骨とは背中の上の部位で出っ張っており、触ることができる骨です。

三角形の骨であり6つの動きを行うことができる骨ともなっています。

肩こりも取れて、余分な脂肪を引き締めることができる肩甲骨ダイエット

母乳をスムーズに出すためにも肩こりの苦痛を和らげるためにも必ず行いましょう


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ