不妊治療を「止める」という決断a0006_001426

不妊治療を「止める」という決断

不妊治療に、疲れてしまった。と、言う声を聞いたことがあります

私も、その1人です。

不妊治療を始める前には想像もしていませんでした。

治療をしたら、妊娠するものだと思い込んでいました

でも、現実は違っていました

今、不妊治療3年目にして、不妊治療の疲れをしみじみ実感しています。

毎日毎日、同じ時間に痛い筋肉注射の誘発剤を注射して病院に週4回は通院する。

私は埼玉の田舎に住んでいるので、病院に行くまで片道3時間半は掛かります。

往復7時間くらいの時間を費やしている。交通費もかなり嵩みます

こんな生活を3年間も続けていたら、疲れが出るのもしょうがないですよね。

不妊治療を始めて、変わったこと。

それは、夫婦ケンカが増えた

不妊治療で妊娠しない苛立ちが、日に日に夫婦間の空気を悪くしていました

34cbed7442f72e2eef6c6b2a06031f29_s

生理が来てしまった時、主人を責めたり、言い争いを毎日したり・・。

顔を合わせるのも嫌になってしまった時もありました。

夫婦2人とも疲れ果ててしまったと感じた最近。

このままでは夫婦生活の危機になってしまうかも・・。と感じました。

その時、頭を過ぎったのは「不妊治療を止めること」でした。

治療を続けても、子供が授かる保証はない

chokin_tsuchou

このまま続ければ、身体はボロボロになり、貯金も底をつき、夫婦仲も悪化してしまうのが目に見えていました。

今の幸せを失ってしまうのは悲しいことです。

子供だけが人生の全てではない

私は主人に思い切って、今後の事を相談しました。

不妊治療の事を夫婦で何回も話し合いました。

お互い泣きながら、何度も話し合った結果。不妊治療に、終止符を打つことに決めました

3年間、やれるべきことはやった。

4ce1b2e512ef3b0eaa2c7005befe08e5_s

これからは夫婦2人で仲良く生活していき、今のこれからの幸せを大切にしていこう

2人の意見は一致しました。

不妊治療のゴールは、妊娠して出産するものではないのです。

いつまでも続けることは難しい不妊治療

不妊治療は金銭的にも精神的にも辛い治療です。

他にも、卵子は年齢とともに老化していきますから、女性は年齢のタイムリミットもあります。

不妊治療は若いうちしかできない治療でもあります。

私は25歳から3年間治療をしました。

タイミング療法7回、人工授精5回、お金もたくさん使いました。

でも、1回も妊娠しませんでした。

これが、現実なんです。不妊治療をしたからって、妊娠・出産できるわけではありません

幸い妊娠できても、流産する確率も高い

私は、もう終わりにしようと心に決めてました。

でも、私は不妊治療をしたことに後悔はありません。

辛くて痛かったけど、その分、鍛えられた部分もあります。前より強くなった気がします

不妊治療をしたからこそ、「命の奇跡の大切さ」を知ることができました

自分自身がこの世に生まれた「奇跡」に感謝すると同時に、両親に健康体で産んでもらったこと、今ある自分の身体を大切にしようと思いました

私の不妊治療の経験が、これから不妊治療する方への参考になったら嬉しいです



スポンサードリンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ