妊活・妊娠期に必要な栄養素「葉酸」の摂り方と注意点f64fb60e68da320c253be412c7eea3d4_s

妊活・妊娠期に必要な栄養素「葉酸」の摂り方と注意点

妊娠期、授乳期のお母さんの食生活は本人だけでなく、赤ちゃんにとってからだをつくる最初の栄養でありとても重要です。

特に近年、お腹のなかにいるときの栄養状態が赤ちゃんが大人になったときの健康状態に影響を及ぼすとも言われています。

また、出産したあとに多くのお母さんが授乳します。

このときに、必要な栄養素を母乳から赤ちゃんに与えることができるように、妊娠期から栄養状態を整えておくことはとても大切です。

今回は妊娠期に必要な栄養素のうち、葉酸についてお話していきたいと思います。

「妊娠期には葉酸摂取」という言葉をよく耳にするかと思いますが、それはなぜでしょう。

葉酸の必要性

suppliment_vitamin

葉酸は、ビタミンB群の水溶性ビタミンで、細胞の分化=成長 に重要な役割を果たしています

ですから、大人よりも成長するスピードの早い赤ちゃんにとって葉酸は必要不可欠な栄養素です。

葉酸が不足してしまうと、二分脊椎や無脳症などの神経管閉鎖障害のリスクが高くなることが多くの研究で明らかになっています。

葉酸を多く含む食品と注意事項

vegetable

葉酸はレバー、うなぎ、緑黄色野菜に多く含まれています。

多くの方は、「なるほど!じゃあ妊娠したら葉酸を多く含む食品をたくさん食べるようにすればいいのかな?」と考えるのではないでしょうか。

実は、レバー、うなぎ、緑黄色野菜は同時にビタミンAを多く含む食品です。

妊娠期はビタミンAの摂り過ぎにも気をつけてほしいので、レバー、うなぎ、緑黄色野菜などの食品を多く摂取すればいいということでもないのです。

ただ、レバー、うなぎ、緑黄色野菜のうち、緑黄色野菜のビタミンAは過剰摂取の心配はありません

レバー等に含まれるビタミンAは摂取した分だけ吸収してしまうのに対し、緑黄色野菜に含まれるビタミンAは摂取したうちの過剰にならない量だけ吸収されることがわかっています。

ですから、妊娠を希望している女性の方には、葉酸はレバー、ウナギ等ではなく緑黄色野菜、またはサプリメントで葉酸を摂取することをお勧めします。

葉酸を摂取し始める時期

葉酸の必要性をわかっていただけたところで、重要なのが葉酸を摂取し始める時期です。

妊娠がわかってからでは実は遅いのです。

妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間から葉酸摂取を意識しましょう。

理想的な量は、1日0.4mg。これは食品とサプリメントの合計摂取量です。

葉酸は不足してもリスクがありますが過剰でもリスクがあります。過剰摂取には気を付けてください。

心配でしたら医師に相談するのも1つの方法だと思います。

3c05aee46d8146d6797c74344145d416_s

元気で健康な赤ちゃんを産むために、妊娠を意識し始めたら食品、サプリメント等から葉酸摂取をはじめてみてはいかがでしょうか。

葉酸のみのサプリメントではなくビタミンや鉄分・ミネラルなども配合されたものが人気です。

また赤ちゃんの事を考えて無添加・無香料の物を選んでくださいね。

安心・安全を第一に考えて葉酸サプリメントを選んでください。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ