母乳育児で苦労しないように出産前に乳頭をチェックしておきましょうsyussan_akachan

母乳育児で苦労しないように出産前に乳頭をチェックしておきましょう

一人目を妊娠した時、母乳育児はうまくいけばすればいい、うまくいかなければミルクに切り替えよう、と軽い気持ちで考えていた私。

出産後に泣くはめに・・・。

当時私が出産したのは実家近くの大病院。

後で知ったことですがストイックなほど、断固として母乳育児を実践している病院でした。

なんとか母乳育児を成功させようと尽力してくれる助産師さんたちに押されて「ミルクでいい」などとは言い出せる状況ではありませんでした。

夫の両親からも「ミルクなんて何が入っているかわからない。」と言われ、なんとしても母乳を飲ませないといけないような気持ちになっていました。

出産後初めて母乳に挑戦した時、赤ちゃんはおっぱいに吸い付けず飲めませんでした。

何度やってもうまくくわえさせることができないのです。

病院から渡された出産のガイドブックのようなものを開くと、おっぱいの絵がのっていました。「陥没や扁平乳頭の場合は出産前から乳頭マッサージをしましょう。

私の乳頭はまさにこれでした。

陥没や扁平の場合は赤ちゃんが吸い付くとっかかりがないので、生まれたての小さな口の赤ちゃんは口を滑らせてしまい吸い付くことができないのです。

そして一生懸命にがぶっとするのですぐに乳頭に傷ができてしまい、これが強烈な痛みをもたらします。

それでも、初めの数週間で母乳の量は決まってしまうそうで、どんなに痛みがひどくても母乳への挑戦は何度も続くのでした。

それから努力したものの一人目は6か月ほどで母乳の出が悪くなってしまい断念。

今から出産される方で乳頭の形に思い当たる節がある場合は、まず助産師外来で助産師さんにおっぱいの状態を見てもらい、妊娠後期からできる乳頭マッサージを行いましょう

少しつまんだだけでも痛いという場合は要注意

赤ちゃんは結構な力で吸い付いてきますのでその時はもっともっと痛いのです。

お腹が張らない程度にマッサージをして、触った感じが耳たぶの柔らかさになれば完璧!

nipple_former

http://www.medela.com/JP/ja/breastfeeding/products/breast-care/breast-nipple-problems.html

そして一人目の経験を踏まえて、二人目を妊娠した時に重宝したのが「ニップルシールド」や「ニップルフォーマー」といったグッズです。

パッドのようにかぽっとつけているだけで、ほどよく圧がかかり乳頭がでてくるので私は妊娠中ほぼずっとつけていました。

おかげで助産師さんにも「それなら母乳は問題なくいけそうよ。」と言ってもらい、実際に完全母乳に成功しました。

「乳頭吸引機」もありますが、あちらは一時的に吸引して出すだけで、すぐにまた元に戻ってしまうのでパッドタイプのものがおすすめです。

初めての妊娠で、乳頭の形によって母乳育児がうまくいかないことがあるとはあまり想像しにくいのではないでしょうか。

陥没・扁平の場合は事前に準備をしていた方が出産後楽になることがたくさんありますのでこの情報が少しでも役立つと嬉しいです。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ