妊娠したら気をつけてほしい栄養面での三大留意点ninpu_genki

妊娠したら気をつけてほしい栄養面での三大留意点

妊娠期はお母さんの健康はもちろん、赤ちゃんの健康の両方を満たさなければなりません。

妊娠してすぐに気をつけるべき栄養学的リスクを紹介します。

やせまたは肥満

kaden_taijukei

妊娠すると、体重は増えますよね。

これは、赤ちゃんが成長しだんだん体重が増えること、赤ちゃんを支える胎盤がしっかり赤ちゃんを支えられるように厚くなることや、赤ちゃんを守る羊水が赤ちゃんをしっかり守れるように量を調整することによるものです。

なので、妊娠すると体重が増えることは自然なことです。

しかし、体重が増えすぎている妊婦さんも中にはいるようです。

この原因として食べ過ぎがあります。

食べ過ぎて体重が増えすぎてしまうと、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)になるリスクや、巨大児や帝王切開分娩のリスクが高くなります

過度の体重増加は避けたいものです。

だからといって妊娠中にやせようとすることはよくありません。

ちょっと体重が増えすぎたなと気になる場合は、その体重をキープするように心がけるといいかもしれませんね。

貧血

memai01

貧血にもいろいろな種類があります

鉄が不足して起こる貧血、葉酸が不足して起こる貧血、ビタミンが不足して起こる貧血、また、血液の病気で起こる貧血などです。

たかが貧血、されど貧血。

貧血の症状の一つである立ちくらみは妊婦さんにとっては怖いものですよね。

貧血の種類は自分では判断できないものなので先生の診断を受けましょう。

食事やサプリメントだけでよくなる貧血もあります。改善していけるといいですね。

つわりなどによる食欲不振

tsuwari001

つわり等で十分に食事を食べられない場合、赤ちゃんにも栄養が行き届かなくなり、低体重児、未熟児のリスクが高くなります

また、お母さんも栄養不足になり具合が悪くなったり、抵抗力が弱くなってしまいます。

食欲がない日が続いたり、体重が少し減ってきたら、先生に相談してみるといいと思います。

場合によっては点滴で栄養を補う場合もあります。

身体が弱ってしまうと、心まで不安定になってしまうこともあります。

我慢せず、たくさんの人に頼りながら妊娠期をのりこえてくださいね。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ