妊娠前に調べておいた方が良い「風疹」の抗体098172

妊娠前に調べておいた方が良い「風疹」の抗体

妊娠して母子手帳をもらった。

次の健診でたくさんの項目の血液検査をした。

結果は貧血なし、血糖も高くない、でも風疹の抗体が低いねって言われた。

それってどういう事?

小さい時に予防接種はしたはずなのに、また予防接種をしないといけないのかな・・・

風疹の予防接種

風疹は近年非常に増えています

特に春先に流行します。

sick_vaccine

1歳~小学校入学までの間にほとんどの人が風疹の予防接種を受けています

実際に小さい時に風疹に罹ったことがある場合は終生の免疫を持つ事が多いのですが、風疹の予防接種を受けていても効果が低かったり、効果があったけど無くなったしまったりする事があります

風疹の予防接種は妊娠中は出来ません

なので、出来るだけ人込みを避ける。

家族も風疹の予防接種を受けてもらい、家族からの感染を起こさないようにする等々風疹にならないようにするしかできません。

風疹ってどんな病気?

風疹は風疹ウィルスの感染症です。

発熱・発疹が主な症状です。

まれに重症化して脳炎などを起こす事があります。

治療は特にありません。安静にして体力をつけることが大切です。

成人が風疹にかかると非常に身体がしんどいのですが、重症化する事はありません。

風疹が怖いのは妊娠中です。

風疹にかかると流早産の危険が大きくなります

また、妊娠初期に風疹にかかると赤ちゃんが「先天性風疹症候群」になることがあります

主な症状は難聴、白内障、心臓病です。

妊娠初期は器官を作る大切な時期なのでこの他にも症状が出ることが考えられます

もし妊娠中に家族が風疹に罹ってしまったら?

174403

風疹は飛沫感染です。

家族が風疹に罹ってしまった時はマスクをしていても接触はおすすめ出来ません

どのくらいの期間離れていたら良いのかというと、10日間位です。

同時に妊娠の時期にかかわらず主治医に家族の風疹発症を伝えましょう

もし妊娠中に風疹に罹ってしまったら・・・

20130311151658

残念ながら風疹に罹ってしまった時は、出来るだけ安静にして早く治しましょう

そして主治医との相談になってしまうのですが、できるだけ新生児集中治療のできる病院で出産しましょう。

妊娠中の感染症の影響は未知数です。

出来る事なら妊娠前に風疹の抗体が低い事を知っていれば対策もとれたと思うのですが。

厳重に感染予防をして、次の妊娠前には風疹の予防接種をしておいた方が安心です。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ