【ママ体験談】苦労したオムツ外しの思い出omutsu

苦労したオムツ外し

初めての出産、育児に奮闘していた頃を思い出すと、 一番私が苦労したのはオムツ外しでした。

ミルクで育てていたので、断乳の大変さもなかったし、座る,立つ、歩くなどは早い方だったので、特に心配はしませんでした。

でもオムツ外しには苦労して、「このまま小学校へ行ってもオムツだったらどうしよう?」と、真剣に悩みました

後から思えば、外すタイミングが悪かったのだと思うのです。

義母からは「うちの子たちは1歳で取れた。早く取った方がいい。」とせかされ、仲の良かったお友達のところもアッサリと取れていたので焦りがありました。

トレーニング用のオムツから始めたものの、濡れても泣くでもなし、 時間を見てトイレに連れて行っても出なくて、タイミング悪くスーパーで大量に出て、オムツから溢れ出したり。

とにかくオムツを外すことに囚われていた私は、悶々とする毎日でした。

母からのアドバイス

そんな私を見た母が、「一度やめてみたら?案外その方がさっと取れるかもよ。」と言ったんです。

なんとなくそれを自然に受け入れて数ヶ月、夜取り替えたオムツが、朝まで濡れていないという日が続くように。

もしかしたら、今かも…と言う直感が働き、無謀にも布のトレーニングパンツを履かせました。

すると一度失敗したきり一度もお漏らしもおねしょもなく、うそのようにアッサリ取れてビックリ!!

買いだめしたトレーニング用のオムツがムダになり、トレーニング用パンツも数回使っただけ。

不経済だったなと思う一方で、一番ムダだったのは母親の私の焦りだったように思います。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ