産後ダイエット中に骨盤のゆがみを改善する運動を行う時の注意点 | maternity-life ~教えて先輩ママ!妊娠・出産準備・産後の悩み相談室~094553

産後ダイエット中に骨盤のゆがみを改善する運動を行う時の注意点

産後ダイエットのカリキュラムの中に多くの方が骨盤のゆがみを改善するための運動やエクササイズ、ヨガ、ストレッチを取り組むかと思います。

これらの骨盤のゆがみの改善を目的とした運動をより効率的に成功させるためは注意することもあります。

骨盤ゆがみ改善運動を行う時の準備

まず最初に骨盤のゆがみを改善させる運動を行なう時の服装の準備からです。

骨盤のゆがみを改善する時は、体をキツく締める服装やぴったりとフィットするタイプの服装の着用は絶対に禁止です。

リラックスした状態で骨盤のゆがみを改善することができるのが一番ですのでゆったりとしたタイプのTシャツやスエット、マキシ丈ワンピースなどを着用して行なうようにしましょう。

そして飲食後などの満腹時に行なうことも絶対に禁止です。

リラックスしながら行なうことが第一ですので食後の落ち着いた時間や食前の時間などに行なうようにしましょう。

5a2a245d2f6015d3025adab7375b120e_s

次に準備を整えるためにもヨガマットやバスタオルなどを必ず用意するようにしましょう。

産後ダイエットの場合、特にこれらのアイテムは体を傷つけないために重要なものとなります。

骨盤のゆがみを改善するための運動の多くがうつ伏せになりながら行なうタイプや横になるタイプです。

そのようなタイプの場合、硬いフローリングに直接横になることで産後の傷ついている体をさらに酷く傷つけてしまう可能性があります。

このようなことを避けるためにもヨガマットやバスタオルを2枚以上重ねるなどして床からの衝撃を和らげるようにしましょう。

 準備運動は必ず行う

124190

そして骨盤のゆがみを改善させる運動の前には必ずウォーミングアップを兼ねた準備体操やストレッチを必ず行いましょう

怪我を防止させるためにも代謝を効率的にあげるためにも絶対に行いましょう

産後ダイエットの一環として骨盤のゆがみ改善を行っている方は、この注意点に気をつけて実践してみましょう。



スポンサードリンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ