ほとんどの赤ちゃんが罹ると言われている『突発性発疹』286328

ほとんどの赤ちゃんが罹ると言われている『突発性発疹

赤ちゃんが一番最初にかかる病気として有名なのが突発性発疹です。

この噂が本当なのかは定かではありませんが、昔からよく言われているようです。

俗に言う「突発」ってやつですね。

80~90%の赤ちゃんが1才までにかかり、2才までにはほとんどの赤ちゃんがかかると言われていますが…。

私の周りには、突発性発疹を経験しなかったという子供が何人かいます(笑)

生後6か月~1才くらいまでにかかる子が一番多いそうで、一度かかれば再びかかることはほとんど無いという不思議な病気でもあります。

初めての発熱が突発性発疹だった!」とか、「熱性けいれんを起こした」というお話もよく聞きます。

突発性発疹の症状

202004

我が家の長男も長女も突発性発疹と共に熱性けいれんを起こしました。

症状としては、元気だった赤ちゃんが急に39度前後の高熱を出します。

高熱の割に元気です(笑)

熱は3~4日で高熱が嘘かのように下がり、それと同時にお腹や背中等に赤い発疹が幾つも出てきます。

発疹はあまりかゆみが無いようですが、まれに痒がったりする赤ちゃんもいて、熱が下がっても機嫌が悪いこともあるんだそうです。

3日くらいで発疹は徐々に薄くなって消えていきます。

突発性発疹には特効薬のようなものはなく、自然に治るのを待ちます。

熱が下がってから出る発疹で突発性発疹と診断

094835

小児科では高熱の赤ちゃんに「突発やったことある?」と聞く先生が多いかもしれません。

ヒトヘルペスウィルス6型というウィルスが原因で、流行するシーズンは無く、感染力は強くないというのも特徴です。

中には軽い下痢や咳が出る赤ちゃんもいるので、「風邪かな?」と思うかもしれませんね。

突発性発疹は、熱が下がってから発疹が出て初めて「あ、突発だったね!」と診断できるのだそうです(笑)

現代医学でもまだ謎が多い病気の一つなんだとか…

熱が高い時には市販の解熱剤を使用せずに、かかりつけを受診して下さいね。

また「初めての熱=突発」と決めつけず、高熱が4日くらい続くようであれば再受診して下さい。

違う病気が隠れているかもしれません。

熱が高い時には水分を十分にあげ、脱水症状に気をつけてケアしましょうね。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ