生後1か月頃の赤ちゃんがなりやすい乳児脂漏性湿疹のケアresize.php

生後1か月頃の赤ちゃんがなりやすい乳児脂漏性湿疹のケア

出産後間もない子育て初心者マークのお母さん達を悩ませるのが、生後約一ヶ月前後の赤ちゃんの湿疹です。

その頃の赤ちゃんのお肌は皮脂の分泌が盛んな為どうしても湿疹が出やすいのだそうです。

そのため新生児期を過ぎたあたりに顔や頭に湿疹ができ、中には脂漏性湿疹と言って黄色いかさぶたのようなものが付いた湿疹があります。

それを「乳児脂漏性湿疹」と言うのだそうです。

うちの子もこの乳児脂漏性湿疹になり、湿疹が広がって頬全体からおでこまで真っ赤になったり、頭には脂漏性湿疹の黄色いカサカサもありました。

今でもその頃の写真を見るとかわいそうなくらい顔が真っ赤なのですが、痒みはそんなに強くないみたいです。

でも小さいポツポツした湿疹を見るととても痒そうで、頭のカサカサも髪が薄い分酷く見えました。

109325

http://www.cosme.net/product/product_id/2096/top

このかさぶたのような黄色いカサカサをどうしても剥がしたくなるのですが、剥がしてしまうと肌を傷つけたり、ばい菌が入り良くないとのことで、沐浴をする前にベビーオイルなどを塗ってふやかしていました

季節が春夏だったこともあり、1日に何回か沐浴をしていたら、頭のカサカサは少し良くなりました。

暖かい季節だと汗をよくかくので湿疹が出やすいのかもしれません。

けれど同じ兄妹でも下の子はほとんど湿疹が出なかったので、全ての赤ちゃんがなるというわけでもないようです。

また、この湿疹は皮脂がたくさん出る時期を過ぎるまでは完全には治らないようで、うちの子は治るまで数ヶ月かかりました。

一ヶ月検診でもらったお薬や軟膏を塗ったりもしましたが、それで治るというよりは症状が軽くなったという感じで最終的には時期を過ぎたから良くなったのだと思います。

そして治った後は湿疹などまるでなかったかのようにキレイになりました。

湿疹が酷い時は見た目が痒そうですし、とにかくかわいそうで心配になりますが、いずれ皮脂の分泌が落ち着いてくれば湿疹もよくなってきます

akachan_mokuyoku

症状を悪化させない為には汗をかかせないよう気をつけたり、沐浴やお風呂で顔をキレイに洗ってあげるなどのケアが必要です。

あまり酷い場合や痒がる場合はアレルギーや違う湿疹の場合があるので皮膚科を受診するなど、気をつける必要があります。

乳児脂漏性湿疹はいつかは治る湿疹なのであまり心配せず気長に付き合っていきましょう


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ