毎年流行するからこそ、知っておきたい「インフルエンザ」の症状・予防法hatsunetsu_kodomo

毎年流行するからこそ、知っておきたい「インフルエンザ」の症状・予防法

毎年冬になると流行するのが「インフルエンザ」ですね。

普通の風邪とは違い、急に発症し症状も重いことが多いのが特徴です。

インフルエンザウィルスは多くの人がご存じの通り、飛沫感染します。

感染力は強力で、いったん流行すると年齢を問わずあっという間に感染が広がってしまいます。

流行が見られるのは、毎年12月~3月くらいまでです。

インフルエンザの主な症状

・急な高熱(38度以上) ・悪寒 ・頭痛 ・関節痛

・倦怠感 ・咳 ・腹痛 ・下痢 などです。

インフルエンザの4つの種類

・ソ連A型 ・香港A型 ・B型 ・新型 です。

2つのA型(ソ連A型、香港A型 )とB型は、毎年冬に流行し「季節性インフルエンザ」と呼ばれています。

新型インフルエンザは冬だけでなく、夏にも流行が見られます。

また、季節性インフルエンザに比べて重症化しやすいのは新型インフルエンザだと言われています。

高齢者や乳幼児、妊娠中の方、持病がある方は特に注意が必要で最悪は死に至るケースもあります。

インフルエンザの予防法

20130703135853

また、インフルエンザはワクチンで予防することができます。

残念ながらワクチンを接種したからといって、絶対にインフルエンザにかからない!という訳ではありません

しかし万が一インフルエンザにかかってしまったとしても、ワクチンを接種していれば重症化を防ぐことができると言われています。

是非、接種しておきたいですね。

インフルエンザの流行時に気をつけること

bf9ceb5e153f7f710529d69795b3d673_s

また、インフルエンザの流行時には以下のようなことにも気をつけましょう。

・人ごみを避け、外出時はマスクの着用をする

咳やくしゃみをしている時はマスクを着用する

・外から帰ってきたら、うがい・手洗いを入念に行うこと

・しっかりと栄養をとり、十分な睡眠をとるようにする

・部屋は加湿し、換気も行う

インフルエンザをむやみに怖がらず、正しい知識を持ちましょう!

インフルエンザにかかってしまった時は、医師の指示通りに薬を服用させましょう。

また症状が改善された場合でも、許可が出るまで登園や登校は控えましょう。

熱が下がっていても、ウィルスを人にうつしてしまう恐れがあるからです。

抗インフルエンザ薬の副作用などについては、過去に騒がれていたこともあります。

しかし医師の指示通りきちんと服用させていれば、決して怖いお薬ではありません

インフルエンザをむやみに怖がらず、正しい知識を得ておくことが大切です。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ