避けたいトラブル「乳腺炎」にならないためには 予防方法4選1368635b3619871ef0c32c69bfdba437_17316

http://girlschannel.net/topics/327506/

避けたいトラブル「乳腺炎」にならないためには 予防方法4選

妊娠すると幸せな反面、いっきに悩みも増えると思います。

特に、おっぱいをあげはじめると悩みが増えるママさんが多いようです。

・母乳が出にくくなった

・しこりがある

こういった悩みのあるママさんはたくさんいるでしょう。

実は、この症状「乳腺炎」の一歩手前の症状なのです。

「乳腺炎」おっぱいをあげているママさんの、4分の1がかかってしまいます

乳腺炎といっても、熱がでる、硬くなる、膿がでる、血がでる、震える、などさまざまな症状があります。

できることなら避けたいトラブルなのです。

そこで今回は、乳腺炎の初期症状のうちにできる対処方法を紹介します。

しこりがあるとき積極的に授乳する

20130719165355

しこりがあるときっておっぱいあげてもいいのかな?そんなふうに心配する方もたくさんいると思いますが、しこりのあるときは授乳したほうがいいのです。

赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことによって、詰まりが取れ、しこりを解消できることもあります

腫れている場合は冷やす

41ZTUiKgWzL._SX425_

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8B%E3%82%AA-IGNIO-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0-3F09811FG-S%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA/dp/B00A3P29S8

母乳がでにくい、つまり乳腺が詰まっているとそこが腫れたり赤くなったりします

そういうときは冷やすのが一番です!

ただ、授乳前に冷やすと母乳が出にくくなるので注意が必要ですね。

水分のとりすぎ、偏った食事に注意

158230

水分は、母乳を作る上でとても大切です。

しかし、水分をとるとその分の母乳が作られてしまうので、乳腺炎になりかけているときは水分をとりすぎないようにすることも大切です。

また、偏った食事、つまり脂っぽいもの、甘いもののとりすぎも乳腺のつまりの原因になるといわれています。

バランスのよい食事を心がけましょう。

十分な睡眠、ストレス解消方法を見つける

147737

言葉を発しない赤ちゃんの子育てでは自然とストレスがたまってしまうと思います。

それは多くの子育てしているママさんにあてはまることです。

子育て中はどうやってストレスを解消するかがとても大切になってきます。

ストレスがたまると、母乳がでにくくなったり、ホルモンの関係で赤ちゃんを不安にさせることもあります。

お母さんのイライラは赤ちゃんにも伝わってしまうのですね。

また、睡眠不足で体調がすぐれなかったりすると乳腺を詰まらせたりもします。

音楽を聴いたり、おしゃれをしたり、たまには気分転換になるようなことも大切ですね♪

ただし、どうしても症状が改善されない場合は早めに病院にいきましょう


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ