産後ダイエットは必要!妊娠太りの原因は流動性脂肪だけではない!112403

妊娠太りの原因は流動性脂肪だけではない!産後ダイエットは必要!

妊娠中から出産までの体重の変化

193368

妊娠することで胎児の体重、胎盤、羊水などが原因で大きく体重が増加するといわれています。

平均でも5キロから10キロ以上は体重が増加するといわれています。

妊娠前にダイエットをすることを趣味としていた方だと、この体重変動に対して気持ちを落としてしまい軽い鬱のような症状を起こしてしまうこともあるともいわれています。

そのため妊娠中は「出産後までの僅かな体重増加だから大丈夫」と常に意識をして体重変動を心構えなくてはなりません。

また出産後、胎児や胎盤、羊水などが体の中からなくなることで大幅に体重は減ります

しかし、お腹の中の胎児を守るためについてしまった脂肪や体重は簡単には落とすことはできません

産後はこの脂肪や体重に対して嫌な気持ちになることも多くなるでしょう。

とはいえ、この脂肪や体重は産後の育児を行う母体にとって大きく重要な役割を果たすものとなっています。

流動性脂肪以外にも脂肪が蓄積している

20130306124831

授乳をする際に消費されるカロリーが非常に大きく予想を遥に上回るものであるため、おっぱいなどの部位についている脂肪は簡単に落ちていきます

そのため、育児をしていると妊娠中についてしまった脂肪や体重は、時間を重ねることに落ちていくことが大半となっています。

このような柔らかい脂肪のことを「流動性脂肪」といいます。

しかしこの流動性脂肪以外にも余分に妊娠中に脂肪は蓄積してしまっていることがあります。

そのような脂肪の場合は、やはり通常のダイエットが難しいことと同じように体重や脂肪を落とすことがかなり難しくなってしまいます

また慣れない育児などに苦戦してストレスが溜まり、甘いものや食事などでストレスを和らげようと思う方も多いでしょう。

ですがこのようなことは脂肪を更に蓄積させ、ダイエットとは真逆の効果を表してしまうことにも繋がってしまいます。

そのため必ず避けなくてはならないものでもあるのです。

「確実に痩せたい」「余分についてしまった流動性脂肪や脂肪を少しでも多く確実に落としたい」と考える場合は、健康的な産後ダイエットを行わなくてはなりません。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ