産後ダイエット中の夕食は炭水化物を避けた献立で | maternity-life ~教えて先輩ママ!妊娠・出産準備・産後の悩み相談室~af31a317e866e79d4e99030716ab40d1_s

産後ダイエット中の夕食は炭水化物を避けた献立

産後ダイエット中の夕食はできる限り、炭水化物の摂取を避けた献立を心がけ摂るようにしましょう。

炭水化物である糖質は、体や脳を動かすエネルギーとして必須な栄養素です。

そのため寝る直前である夜の時間帯に糖質を摂取してしまうと、体や脳が休まっているため消費されずに余分な栄養として体に脂肪として蓄積されてしまうのです。

夕食の献立がパスタや丼もの、ラーメンなどの場合、摂取した殆どの炭水化物が脂肪として体に蓄積されてしまう可能性もあるのです。

夜は炭水化物のない食事をメインに

授乳や育児により消費されるエネルギーが多い産後ですが「お腹が空いているから」と言って夜に炭水化物メインの食事を大量摂取して良い訳ではありません

通常のダイエット以上に摂取できる一日のカロリーが多いのが産後ダイエットです。

c5ccc6e5591d8b4dd2803798acac79a1_s

しかし、夜の時間帯の炭水化物の過剰摂取を行うことは、やはり体重減少や体型を整えることを目的として産後ダイエットを行っている場合は避けた方が良いことです。

確実な結果へと産後ダイエットでの努力を繋げるためにも、なるべく産後ダイエット中の夜の食事は炭水化物のない食事をメインにしましょう。

夕食の献立のたて方

産後ダイエット中の夕食の献立は、肉や魚などのメイン料理が1品に対して、味噌汁や野菜スープなどの汁物が1品、野菜メインの副菜が1~2品、サラダなどの野菜類が1品の献立が理想です。

ごはんや麺類などの炭水化物は避けて献立を作るようにしましょう。

またじゃがいもなどの芋類も炭水化物です。

aef984da4c0425ebf5a56fcad171498b_s

「じゃがいもも野菜だから」といって芋類がメインとなる、肉じゃがやポテトフライなどの料理は夕食時にはできるだけ避けるようにしましょう。

炭水化物をカットした献立を考えることは難しいと思われがちですが、実は意外と簡単で料理などをする時も手軽に行うことができます

最初の頃は、炭水化物を夕食時にカットしている分、寝る前に空腹が訪れてしまうなどのトラブルがあるかと思いますが、そのようなトラブルも日を重ねる毎になくなります。

確実な産後ダイエットのためにも夕食時の炭水化物は極力控えるようにしましょう。



スポンサードリンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ