産後の体型が崩れる原因の骨盤のゆがみは産後ダイエットで改善 | maternity-life ~教えて先輩ママ!妊娠・出産準備・産後の悩み相談室~047728

産後の体型が崩れる原因の骨盤のゆがみは産後ダイエットで改善

産後直後の体は赤ちゃんを守るために一時的に脂肪がとても蓄積しやすくなっています

この脂肪をつきにくくするために、また妊娠中に崩れてしまった体型や増加してしまった体重を元に戻すために多くの方が産後ダイエットを行なうと思います。

とはいえ、ホルモンバランスが正常に戻るまでの期間に規則正しい生活を送りながら母乳を与え育児を行っているのであれば余分な産後ダイエットは不要ではないかと思う方も多いでしょう。

確かに「理想通りの生活を送ることができる」という自信があれば産後ダイエットは不要でしょう。

しかし、産後の体は長い間ずっと体の中にいた赤ちゃんがいなくなるため、風船から空気が抜けてしまったような状態になっています。

この状態は体のラインが崩れてしまう大きな原因になり、産後ダイエットである程度きちんとスタイルを取り戻すエクササイズなどに取り組まなければ、元に戻すことはできないのです。

産後に酷くなる骨盤のゆがみ

026788

また産後は骨盤のゆがみが酷くなります。

そのまま骨盤のゆがみを放置してしまうと体全体のラインが崩れてしまいます

他にホルモンバランスが戻りにくくなることや代謝が低下し、脂肪を燃焼しにくい体を作ってしまうなど、多くの体のトラブルを招いてしまうことになるのです。

そのため産後は、産後ダイエットという産後の期間を使い骨盤のゆがみを治すための行動を起こさなくてはなりません

将来的に育児に支障が出ない健康な体をキープするためにも、またスタイルの良い体を手に入れるためにも骨盤のゆがみは必ず産後6ヶ月以内もしくは1年以内に治すことを心がけて生活をしましょう

骨盤のゆがみ改善の効果

140927

骨盤のゆがみを改善することは肩こり、腰痛、頭痛、慢性疲労なども回復させる効果があるといわれています。

またバストの悩み、婦人病の悩みにも骨盤のゆがみ改善は有効とされています。

産後は直後からでも骨盤のゆがみを改善するための行動を起こせるようにしましょう。

そのためにも妊娠中の期間中に産後ダイエットの期間中に着用する骨盤ベルトを事前に用意しておくことも良いでしょう。



スポンサードリンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ