子宮筋腫は出来ている場所によって妊娠に影響することがある184319

子宮筋腫は出来ている場所によって妊娠に影響することがある

妊婦健診で内診をしていて「子宮筋腫があるね・・・」

子宮に腫瘍があるってこと?手術するの?

子宮筋腫とは

子宮筋腫は「腫瘍」の「腫」が付いているので何となく良くない印象はあるのですが、簡単に言うと子宮にできたニキビのようなものです。

子宮筋腫が出来る原因はよくわかっていないのですが、生まれつき子宮筋腫の元が子宮の中に存在していて成長や妊娠などのホルモンの影響によって大きくなる事がわかっています

生理中に痛みと出血がひどく重度の貧血の原因となっていたり、赤ちゃんの頭以上に大きくなってしまった時に手術をする事もありますが、妊娠していなければホルモン剤での治療もあります

子宮筋腫があると生理痛がひどくなったり妊娠しにくかったりするのですが、妊娠出来ている場合はその影響は受けません。

sikyuu

妊娠への影響は筋腫が出来ている場所によって変わります

表面や子宮の上の方に子宮筋腫が出来ている時はお腹が大きくなる時にちょっと出っ張ってしまう可能性はあります。

子宮の内側にできた時は流産しやすいですが、赤ちゃんの心拍が聞こえていればあまり心配はいりません。

問題になる場所は子宮の入り口に子宮筋腫が出来た時です。

子宮の入り口に子宮筋腫があると陣痛が始まった時に子宮が開きにくくなったり、赤ちゃんが出てくる邪魔をしたりします。

ただでさえ陣痛が痛いのにより痛い時間が延長してしまう可能性が大きいのです。

0b7ceb1276ce307f9044b15e227ed397_s

子宮筋腫が産道に影響が出そうな時は帝王切開する事があります。

子宮筋腫と言われたら

特に何かをする必要はありません

あえていうならば、帝王切開にするかどうかは赤ちゃんと子宮の成長によって決まるので手術になる可能性があるという不安を出来るだけ少なく過ごす事です。

ママが不安になっていると赤ちゃんにも心配をかけてしまいます。

ママは笑顔が一番です。


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ