口内炎や水泡がとても痛い夏風邪の代表『ヘルパンギーナ』20130711115503

口内炎や水泡がとても痛い夏風邪の代表『ヘルパンギーナ』

夏風邪の代表とも言える病気で、毎年夏休み前の7月頃に流行します。

赤ちゃんや5才以下くらいの小さな子供に流行する印象があります。

梅雨があける頃あたり、突然39度前後の高熱を出したらヘルパンギーナかもしれません。

症状は、高熱の他に口内炎のようなものや水泡口の中や、のどちんこにできます。

その口内炎や水泡がとても痛いようで、食べ物を食べたり、飲み物を飲むときに刺激となり、痛くて食べられず、食欲が落ちたように見えるかもしれません。

2次感染しやすいヘルパンギーナ

kounaien

ヘルパンギーナはウィルス性の感染症で、コクサッキーウィルス、エンテロウィルス、エコーウィルスと呼ばれる幾つかのウィルスが原因で発症するそうです。

兄弟内でも2次感染しやすく、保育園や幼稚園でも簡単に流行してしまう厄介な病気なのです。

口の中にできた水泡は2~3日でつぶれ、つぶれると更に痛みが増してしまうという、子供にとってはなんともツライ症状が!

つばを飲むのもツライほどで、中には下痢と伴うこともあります。

熱は2~3日で下がってきて、水泡も約1週間で治ります

残念ながら特効薬のような物は現在無いそうで、安静にして自然に治るのを待つしかありません。

とにかく口の中の水泡がとても痛いので、刺激になるような物を避けてあげましょう。

熱いもの、酸っぱいものは沁みるので避けて下さい。

脱水症状に気をつけて冷たいものを与えましょう

20130925165742

我が家でも長女が2才半の時にヘルパンギーナにかかりました。

熱はすぐに下がりましたが、口の中がとにかく痛そうでした。

脱水症状だけには気をつけ、麦茶やアイスのような冷たいものを与えました。

ヨーグルトは酸っぱくて刺激になるので控えて下さいね。

スポーツ飲料は脱水症状の予防に効果的ですが、味が濃かったり酸味があったりして刺激になるようなので控えた方が良いかもしれませんね。

万が一、口の中が痛くて水分も取れないほどだったり、高熱で苦しそうな時には受診した方が良いかと思います。

ヘルパンギーナの代表的な症状

最後にもう一度、ヘルパンギーナの代表的な症状です。

突然の高熱(39度前後)突然の高熱による熱性けいれんも起こるかもしれません。

・口の中の口内炎や水泡

喉の炎症

・まれに下痢の症状もある

簡単に接触感染や飛沫感染で2次感染してしまうので、ママはマスクをして看病してあげた方が良いかもしれません。

家事や育児で体力が落ちているママは気をつけて下さいね!


スポンサード リンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ