妊娠中に食べてはいけない食材は産後ダイエットの献立に使えるものが多い9cbe0b5eae85477512960e0bce2ea028_s

妊娠中に食べてはいけない食材は産後ダイエットの献立に使えるものが多い

食べてはいけないと言われる食材

妊娠中に食べてはいけないと言われている食材は多くあります。

水銀を含む可能性があり、胎児の神経発達に影響があるとされているマグロ、サメ、鯨、金目鯛などの魚類。

大量摂取により胎児がアレルギー体質になりやすくなるといわれている高タンパク食品

これら以外にもカフェインやアルコールなどは妊娠中、胎児を育てるためにもできるかぎり避けることが進められている食べ物となっています。

健康的な献立で産後ダイエット

d9607283b1a9423f926a4fd2f5df2c40_s

妊娠中にこれらの食材を避けて生活を送っていた場合、出産後にこれらの食材を摂ることが許されるものもあるため、特にお寿司やお刺身などの生もの類は「久しぶりに食べたいな」と考える方も多いでしょう。

お寿司やお刺身などの生ものは、母乳での育児を行っている場合は極力授乳期間が終わるまでは避けた方が良いとされています。

しかし母乳育児を行っていない場合や産後の授乳期間を終えた方の場合であれば、このお寿司やお刺身を有効活用して産後ダイエットを行なうことも良いでしょう。

魚類の中でも生ものは、産後ダイエット中の食事に上手に取り入れることで低カロリーな食品であるため献立のバランス調整には欠かすことができません

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s

お刺身などをメインとし、玄米入りの白米、野菜の具がたっぷりと含まれていう味噌汁、ひじきの煮付けなどの副菜というような献立を作ることができれば健康的に産後ダイエットの食事を摂ることができます。

また妊娠中食べることができなかった食品を食べることができるため、ストレスを和らげる効果や食事を楽しむことができ、リラックス効果を高めることができるようになるでしょう。

妊娠中から授乳の期間中に食べることができなかった食材は、ある程度落ち着いた頃の産後ダイエットの献立メニューとして非常に有効に使うことができるものが多いです。

食べることで育児によるストレスも解消することができるため、産後ダイエット中の献立は妊娠中に食べることができなかったものなどを思い出し、考え作ってみることも良いでしょう。



スポンサードリンク


現在のページTOPへ

【悩み相談室】ホームへ